こども食堂について


 2015年1月より、名張地区まちづくり協議会が市からの委託事業として行っている、ひとり親家庭対象の学習支援事業のコーディネーターとして現場に関わる中で、ひとり親家庭だけでなく、共稼ぎの家庭でも、スナック菓子などで食事を済ませたり、ひとりで食事を済ませるなど、食事をまともに取れていない子どもが多いという現実を知りました。その後、コミュニティープラザでボランティアスタッフをしている友人からも同じような話を聞きました。
 いつも一人でご飯を食べている子、仕事と子育ての両立に疲れて食事作りにまで余裕のない保護者、経済的な困難から満足に食べられない親子…。
 名張市でも、このような問題が深刻化してきていると思いました。
 そんな時、都内で実施されている「こども食堂」のネットニュースを見ました。それから半年足らずで全国で「こども食堂」の輪が広がってきています。こども食堂の、子どもがひとりでも入られる場所であり、食事だけでなく、ボランティアさんと遊んだり勉強したりと、子どもとそのご家族の居場所としての取り組みを知り、地域の者同士が繋がり、子どもを地域で育てていき、地域の活性化に繋がる素晴らしい取り組みだと思いました。
 食べるということは生きる上での基本であり、食卓を囲んで「共に食べる」という経験がコミュニケーションの場となり、共に食べる暖かさを経験することで心をほぐし、本音で語り合える関係を築くキッカケとなります。また、暮らしの中での「食」をみんなで考えたり、生産者と触れ合うことで名張の豊かな農産物に興味を持ち、地域のつながりが強くなっていけばと思います。
 「なばりこども食堂」の合言葉は、ちょっと「しんどい」を、ちょっとだけ「楽」に。
共に食事する時間を通して、子ども達、そして保護者がちょっとだけ楽になれたり、心を許して悩みを相談できる地域の居場所になれることを目指しています。

プロジェクトメンバー